LINE

LINE返信の仕方大丈夫?好きな人・気になる人への7つのNG返信

LINEの間違った返信内容

好きな人・気になる人にLINEを送りたいんだけど悩んでしまう。

悩みに悩んだ結果、大失敗をしてしまっては元も子もありません。

そんな失敗をしないためにも以下を参考にしてください。

内容

  1. まずは結論から
  2. 使いすぎてはいけない理由
  3. まとめ

以上のようにこちらの記事では解説していきます。

話の終わりに『。』

『絵文字』『顔文字』『!』を使うようにしよう

絵文字・顔文字・!?を使う理由

  1. 感情が伝わりにくい
  2. つまらないのかなと感じる
  3. LINEを返したくなくなる

『。』だけではあなたの感情がわかりづらいです。

せめて『!』を使ってください。かといって『!』の乱用もダメ。

なにごとにも適量が大事。

  1. 『絵文字』『顔文字』『!』を使って感情表現
  2. 自分がされて嬉しいことは相手にしてあげる

『(笑)、www』を連発

『友達』と『好きな人』へのLINEの仕方を変える

(笑)、wwwがダメな理由

  1. 『(笑)、www』はシンプルにイライラする

そうなんだwww

えwww

うん(笑)

ボクもよく友達に『(笑)、www』を使いますが、たしかに無意識のうちに『w』を押してるかもしれません。

過去のLINEを振り返ると、相手が友達じゃなかったらウザがられてるだろうなぁといった内容でした。

好きな人には『(笑)、www』は乱用しないこと!

『スタンプ』だけ

 『文字』+『スタンプ』で伝えよう

スタンプだけじゃダメな理由

  1. 素っ気ない返事・めんどくさいのかな?と思われてしまう
  2. スタンプで返されてLINE終了
  3. 返信すら返ってこないで終わる

連絡を取り合っている時点ですごく嬉しいですが、スタンプメインじゃ悲しいですよね。

『絵文字・顔文字』もしっかり使いつつ『スタンプ』も使ってみてください。

今ではスタンプも種類がすごく増え、スタンプだけでも会話を続けることは可能。

ですが、好きな人とのLINEはめんどくさくないよね?

だったらしっかりあなたの言葉で伝えて!

『長文』をおくる

キャッチボールのようなLINEをこころがける

長文がNGなわけ

  1. 内容を理解するのに時間がかかる
  2. そもそも最後まで読まれない
  3. 興味もない人から長文がきたらゾッとする
  4. 返信が面倒になる

パッと見で内容がすぐに頭に入らないと読む気も失せるし、返信も面倒になります。

一方的にLINEをするのではなく、短文でゆっくりキャッチボールをするイメージで連絡を取り合う

『無理やり』やりとりを続ける

『メリハリ』をつけたLINEをこころがける

無理やり続けることがダメな理由

  1. “めんどくさい”やつだと思われてしまう
  2. すぐには返してくれなくなる(数時間~1日後)
  3. 会話に飽きる

グダグダLINEをしていると最悪の場合返信が返ってきません。

なんで返ってこないかって?グダグダのLINEほど付き合わされて疲れるものはないから。

あっさり話が終わると物足りない感じになりますが、気軽にできるので次LINEをしたときに返ってきやすいです。

グダグダLINEをするのではなく、メリハリをつけて相手に”めんどくさいやつ”と思われないようにしよう

相手を『焦らす、催促』する

ゆっくり気長に相手のペースに合わせる

焦らす・催促することがダメな理由

  1. いい答えが返ってこなくなる
  2. 返信する気を無くさせる

相手にも”予定”というものがあります。

たとえ既読がついているからといって返信を催促してはダメ。

【既読だけつけて返信はあとで】という場合もあります。

既読がついているのに返信がこなかったとしても、急ぎの用事でない限りは催促はやめましょう。1日待ってみてそれでも返ってこないようでしたら連絡してみてもいいかもしれません。

何度も同じようなことが続く場合は、相手はあなたに興味がありません

『しょうもない』メッセージ

その人に送る必要がないどうでもいいLINEはしない

しょうもないメッセージはダメ

  1. 別にあなたのことを知ろうとしていない
  2. 内容によっては気持ちわるい
  3. 返信するのが面倒

『今日の夜ご飯からあげだった!』

『メッチャ寒いね』

相手とLINEしたいからとにかくネタがあれば送る。

これはホントにやめよう。

しょうもないLINEをするくらいならしない方があなたのため。

相手はあなたの暇をつぶしてくれる道具ではありません。

LINE返信の仕方大丈夫?好きな人・気になる人への7つの間違った返信:まとめ

  1. 話の終わりには『絵文字・顔文字・!?』を使う
  2. 『(笑)、www』は乱用しない
  3. スタンプばかりは使わずに、言葉で相手に伝えよう!
  4. 長文はなるべく避けて、短い文章をつかう
  5. 無理続けるLINEはNG
  6. 相手を催促したっていい返事はこないから気長に待つ
  7. 暇をつぶすほど相手は暇ではない

好きな人・気になる人とLINEしたい気持ちはすごくわかる。

わかるからこそ上記のことに気を付けてLINEをしてもらいたい。

好かれようと思ってしたことがマイナスになってしまってはどうしようもないからね。